売れ筋商品ランキング
クアトロ28
トリノスポーツL
リビエラシリーズ
ベネチアチルトフェイス
アルベロL
商品を検索
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力
  • モバイルサイトがOPENしました。
  • マッサージベッドのブログ
  • 会員様専用 マイページを見る
  • 無料会員登録して、お得な情報をゲット!

マッサージベッド HOME > 

マッサージベッドの選び方

マッサージベッドの選び方

  • ベッドの幅について
  • ベッドの高さについて
  • フェイスホール(有孔)タイプについて

種類の豊富さ

株式会社セイヨーではお客様が迷わずご自身の施術内容にあったマッサージベッドの選び方の参考になればと思い、マッサージベッドのサイズや高さなどを紹介しております。木製折りたたみマッサージベッド、整体用ベッド、エステベッド、軽量持ち運びベッドをお探しの際にはこちらのページを参考にして下さい。 今回撮影いたしましたマッサージベッドはFONTANA(フォンタナ)のマッサージベッドでモデルの身長は175㎝です。撮影の都合上使用しておりませんが、生地の劣化やキズを防ぐため、必ずシーツをご使用下さい。

モデルの身長 165cm

こだわりぬいた材質 高品質

マッサージベッドの幅(サイズ)は大きいほどクライアントの安心感やリラックス効果は高まりますが、大きければ良いというものではありません。

まず店内や院内などの設置スペース、その次に施術者のやりやすさを考慮して選ぶ必要があります。幅が大きすぎると反対側に手が届きにくいなど無理な体勢での施術をすると腰痛の原因にもなります。目安として60㎝~70㎝幅は設置場所が狭い方や整体や指圧、スポーツトレーナーなど圧をかける施術をする方にお勧めです。一般的には65cm幅が最も好評です。70~80㎝がアロマやマッサージ、エステなどさまざまな施術で使われています。

身長でのマッサージベッドの選び方はマッサージベッドの高さや施術内容にもよりますが155㎝未満の方は70㎝幅、155㎝以上の方はマッサージベッドの幅を75㎝の幅がお勧めです。

※モデル肩幅約45cm

  • 61cm幅
  • 70cm幅
  • 75cm幅
  • 80cm幅

イタリアンテイストを加えたデザイン

お客様の身長にもよりますが、マッサージベッドの高さの選び方のポイントは、どのような内容の施術を行うかが選び方の大きなポイントになります。指圧や整体、スポーツトレーナーの方は上から押す事が多い為、低めのベッドを好まれます。またアロマやエステなどで上から押すより流れるような施術の場合は高めのベッドを選ばれます。FONTANA(フォンタナ)のマッサージベッドでは高さの種類も50~72cmの5段階、52~66㎝の6段階、45~65㎝、60~80㎝の7段階、60~82㎝の8段階、60~85cmの9段階と合計6種類からお選びいただけます。全てのマッサージベッドの高さの調節が出来るような構造となっております。こちらの高さは全て床からマッサージベッドの寝る部分(クッション全て)までとなっております。

※モデル身長約175cm

  • 52~66cm
  • 45~65cm
  • 60~82cm

徹底した品質管理

FONTANA(フォンタナ)のマッサージベッドにはヘッドレストを装着できるようになっています。マッサージベッドのみですと182㎝でヘッドレストを装着すると約28㎝伸び全体で約210㎝とかなり長くなります。 設置場所や施術内容を考え広いスペースがとれない場合はこのフェイスホール(有孔)タイプがお勧めです。このタイプのデメリットは背の高いクライアントの場合マッサージベッドの外側に足が出てしまう恐れがある事ですが、フェイスホール部分に蓋をしてヘッドレストを装着していただくこともできます。

ノーマルタイプとヘッドレスト装着時の比較

お気軽にお問合せ下さい TEL 078-441-9011

お問合せフォーム

資料請求フォーム

東京ショールームの詳細はこちら

ページトップへ戻る